Heading to Kesennuma, Miyagi


Pit stop in Yokote, Akita! Car full of supplies!

First off a HUGE thanks to Erica and Mike for all their help along the way, and the Akita community who pulled together on such short notice to donate some really useful supplies.  Wednesday we contacted the man in charge of a shelter down in Kesennuma (Oikawa-san).  He told us they would take EVERYTHING we had, so we packed the car up Wednesday night and hit the road at 5a.m. the next day.  One specific request from the shelter was to bring them some bananas!  Fortunately we planned to bring as many fruits down as possible, so we had some money set aside for that.  We contacted a local fruit vendor nearby and they told us to swing by.  I have to say it was the BEST start to this trip.  The old couple who owned the shop were the sweetest people ever, and were totally down for the cause.  Not only did they give us 120 bananas for super cheap, they threw in 2 cases of apples for free!  Then, right as we were pulling out, Oba-chan ran up to the car and gave us 2 packages of strawberries as well! It was amazing, and from that point on, I knew the day would go well.  The drive was quick and easy! We stopped in Yokote to fill up just in case the gas situation was still spotty out east.  After that we hopped on the IC and was heading into central Kesennuma by 9:30a.m.  We were super fortunate on our drive in because there wasn’t much traffic.  Navigating the city was pretty straight forward as well, so we arrived at the shelter around 10:00a.m.  We didn’t know what to expect when we got there so it was a bit nerve-wracking, but as we pulled up it was nice to see how chilled out it was.  People were waiting in line to use make-shift showers, kids were running around playing, and the crew working there was super kind and appreciative of our journey down.  Everyone joined in on unloading the car so we got that done pretty quickly.  After that we got to sit down with Oikawa-san and chat with him about everything going on at the shelter.  He explained to us their daily routines and how the shelter is functioning on a daily basis.

Debris wrapped around a pole

Essentially, there are 3 shelters close in proximity; the elementary school, junior high, and a community center.  All 3 shelters are linked together and all eat at the same location.  Right now, the Japanese military is in charge of their meals.  They receive a bowl of rice and miso soup for their meals, which is why they are requesting fruits and other things like furikake and okazu.  Combined, the 3 shelters are accommodating about 1100 people.  The school gym was being used as a collection center/play area, they even had little internet stations set up, which was pretty neat.  After chatting with Oikawa-san we said our goodbyes and told him we would be back, hopefully with LOTS of FRUIT!  In our chat with him he asked us if we had been down near the coast yet.  We told him no, because Minami and I both had mixed feelings about going down to see the devastation.  But Oikawa-san requested that we go down and see it, so we can tell people what we saw and how we felt, to raise awareness of the massive devastation that took place not only in Kesennuma but all along the east coast of Tohoku.  In honoring his request, we did a quick drive through on our way out.  Words can’t express how intense the devastation was, and it was definitely something we had never experienced before.  Despite the devasttion, there were some really amazing experiences that we came across on this quick little day trip across Japan.  From the sweet Oba-chan we met in the morning to the many people working tirelessly to keep the shelters functioning, it was nice to see how everyone was pulling together to help out in this time of need.  I just hope everyone reading this finds some way to get involved and make a difference.  As we all know, this is going to be a very long process, and I really hope we can continue to come together and fight it until the end.  MUCH LOVE folks.

Paul

出発前日の夜、ポールの愛車のエクストレイルにすべての物資を積み込みました。予想していたよりもはるかに多くの物資が集まり、全部積めるかちょっと心配しましたが見事にスッポリはまりました。屋根の上にはおむつをガッチリ固定。

改めまして、支援物資を提供してくださったみなさんにお礼申し上げます。ありがとうございます!!

出発当日、前もって連絡を取っていた避難所で働いている方に、果物ならばバナナが重宝すると言われたので購入するために朝5時に青果店に行きました。以前電話で問い合わせをしていた為、到着するとすぐに私たちに気づいてくれました。バナナを4箱購入すると、せっかくだからとリンゴ2箱といちごも持たせてくださいました。何か出来ないかと思っていて、昨日は娘と募金しに行ってきたのよと教えてくださいました。とても素敵なご夫婦でした。ありがとうございました!!

それらも乗せ、いよいよ気仙沼へ向けて出発。早朝だったこともありとても順調でスムーズに進みました。気仙沼に近づくにつれ、緊張や不安、ようやく届けられる!といった希望などいろんな感情が入り混じり複雑な心境でした。被災地はどんな状況になっているのだろう…少し恐怖感も感じながらも、元気を届けなければ!と気持ちを落ち着かせていました。

小学校までの道のりではあまり目立った被害を見ることなく、無事に辿り着くことができました。午前中に着いたので街中には人がたくさんいましたが、その時間避難所にはあまり人はいませんでした。グラウンドでは子供たちが笑顔で遊び、本部の体育館前ではゆっくりタバコを吸いながら一休みしている方々もおり、非常に穏やかな空気が流れていました。皆さん笑顔で挨拶してくださいましたが、その顔にはやはり疲労の色が見受けられました。

連絡を取っていた方を探しましたが今は外出しているとのことで、他の働いている方々にお話しをし、とりあえず物資を体育館に降ろすことに。近くにいたタクシーの運転手さんも手伝ってくださりあっという間に降ろし終わりました。そうこうしている間に連絡を取っていた方が戻ってきたとのことで、少しお話を聞くことが出来ました。彼は避難所での生活の様子をたくさん教えてくださいました。気仙沼小学校はすぐ隣に中学校、その脇には市民会館を3つのコミュニティがあり、あわせて約1100人が避難所生活をしているとのこと。食事や物資はコミュニティ内で連携を取ってやりとりしているそうです。食事は自衛隊が炊き出しをし、ご飯などは十分な量を確保出来ているそうです。ただ、毎回の食事がごはんと紙コップ一杯のみそ汁だけということがほとんどで、かなり偏った栄養バランスになっているとのこと。おかずになるものがなく、かなり困っているそうです。ふりかけだけでもあれば全然違うとお話していました。その後彼は、避難所で生活している子供たちが始めた「ファイト新聞」を見せてくれました。電気が復旧した9日目から毎日欠かさず発行されているその新聞は、避難所で生活している人々に元気と明るさを与えているそうです。色鉛筆などを使ってカラフルに書かれた新聞には、「電気ふっ活!」や「イスラエル人がカレーを作ってくれました!」など子供たちの目線で毎日の出来事が書かれていました。

彼は私たちに、もし時間があれば被害にあった場所を見ていき、見たこと感じたことを是非秋田の人たちに伝えて欲しいとおっしゃいました。最初はこのまま帰るべきなのじゃないかと思っていたのですが、少しだけ見ていくことにしました。高い丘の上にある小学校からの道を下り、少し行くとすぐに瓦礫の山々が見えてきました。海からは少し距離があったので、最初は地震の揺れで崩れたのかと思ったのですが、逆さまにひっくり返った車を見て津波の被害だということがわかりました。建物の一階部分は突き破られてごっそりとなくなり瓦礫で覆い尽くされ、家々の間の隙間にもたくさんの瓦礫が押し込まれていました。海岸沿いに行くと、木々は真横に押し倒され、重機のレールのようなものがぐにゃりと曲がり電柱に巻きついていました。川沿いにはたくさんの泥と瓦礫、車が残っており、津波が川を上って押し寄せてきたことが見受けられました。実際にこの目で見てもなお、この光景が現実であることが信じられませんでした。

被災された方々のショックは量りきれません。私たちが避難所で出会った笑顔の裏にはどれほどの悲しみが隠れているのか…胸が苦しくなりました。微力ながらも、これからも継続的に支援していきたいと強く思いました。

帰り道、気仙沼から30~40分離れたところにあるお店に立ち寄りました。これから継続的に支援していく為に、なるべく被災地の近くで果物などを確保できないかと思い相談させて頂きました。そちらの方もとても協力的な方で、その方を通してまとまった量の果物などを購入出来るようにして頂きました。

あとはなるべくたくさんの資金を集めること。個人的にはなかなか難しいことですが、さまざまな方法を考え支援金を集めたいと思っています。私たちが出来ることを一生懸命頑張ろう!

今回、行く先々で素敵な方々にたくさん出会いました。本当に感謝しています。ありがとうございます!みんなが何か力になれないか考えています。みんなの気持ちはひとつです。頑張ろう、日本!頑張ろう、東北!!

Minami


Advertisements


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s